持ち家vs賃貸に、新しい解答を。~それは、我が家と呼びたい賃貸住宅~ vol.1

マイホームを持つことは、人生の一大事。
多くの人が思い描いてきた夢のカタチであり、
大きな目標とされてきました。

夫婦や家族の歴史を重ね合わせることができる家。
長く住むほどに愛着がわき、
終の棲家として、そして次の世代に
のこされるカタチとしてつながっていく。

そんな、ライフプランの中心にあった
「家」に対する考え方が、今、変わりはじめています。
はたして、「家を持つこと=持ち家」が、
これからの時代、みんなが望む
「住まいへの答え」なのか—と。

わたしたちの価値観は、
少子高齢化や、経済の停滞、雇用形態の変化など、
暮らしを取り巻く様々な状況の変容も相まって、
大きくシフトしようとしています。

“建物”としての「家屋」を持つのではなく、
家族みんなの思いを共有できる
家族とのかかわりを豊かにする
「我が家」に暮らすこと。

これまで、持ち家でなければ得られないと思っていた
満足感や充足感、そして愛着がわく、
これからの時代の「住まい」って何だろう。

賃貸住宅未来研究所の今回の研究テーマは、
我が家と呼びたい賃貸住宅。

「持ち家vs賃貸に、新しい解答を」
題して、夢を叶える賃貸住宅、
これからの住まい方について考えていきます。

かつてない、私たちの新しい提案に
どうぞ、ご期待ください。

Vol.2 Coming Soon …

Page Top