NEW COLLABORATION PROJECT

NEW COLLABORATION PROJECT

01 COLLABORATION&PLAN

Vol.02 ARCHITECTURE DESIGN

Vol.03 DAITO ORIGINAL DESIGN“DIYELLA”ディエラ

NEW COLLABORATION PROJECT

NEW COLLABORATION PROJECT

RESEARCH 賃貸住宅に住む人ってどんな人?徹底調査しました。

RESEARCH 賃貸住宅に住む人ってどんな人?徹底調査しました。

  1. POINT1 賃貸住宅に住む人の大半は、20代後半〜30代後半です。

    20代後半〜30代後半の世帯は賃貸市場の最も多いボリュームです。

    持ち家と借家の世帯主年齢別世帯数グラフ

    20代後半〜30代後半の世帯は賃貸市場の最も多いボリュームです。

    持ち家と借家の世帯主年齢別世帯数グラフ

  2. POINT2 20代後半〜30代後半の大きな変化のひとつに働く女性が増えたことがあげられます。

    働く女性の割合はこの40年間で、全体的に増えています。特に20代後半〜30代前半の割合の増加が顕著と言えるでしょう。

    女性の年齢階級別労働力率の推移グラフ

    働く女性の割合はこの40年間で、全体的に増えています。特に20代後半〜30代前半の割合の増加が顕著と言えるでしょう。

    女性の年齢階級別労働力率の推移グラフ

  3. POINT3 共働き世帯は、専業主婦世帯よりも多くなってきています。

    共働きも急増し、90年代に専業主婦世帯よりも多くなっています。現在では1,000世帯を超え多数派へ変わりつつあります。

    共働き世帯数と専業主婦世帯数の推移グラフ

    共働きも急増し、90年代に専業主婦世帯よりも多くなっています。現在では1,000世帯を超え多数派へ変わりつつあります。

    共働き世帯数と専業主婦世帯数の推移グラフ

  4. つまり・・・賃貸住宅に暮らす若い世代は、共働き世帯が多数存在しています。

THEME 徹底調査を踏まえ、大東建託ならではのテーマが決定しました。

THEME 徹底調査を踏まえ、大東建託ならではのテーマが決定しました。

共働きカップルのための賃貸住宅

女性の社会進出や晩婚少子化に伴い、増加傾向にある共働き。しかし、家事を始め日常生活の苦労も多い・・。そんな忙しい共働きカップルがリフレッシュできるよう、都会的なアイディアが詰まった賃貸住宅を考えます。

COLLABO 今話題の建築家と空間プロデューサーがタッグを組み、このプロジェクトをプロデュースします。

COLLABO 今話題の建築家と空間プロデューサーがタッグを組み、このプロジェクトをプロデュースします。

TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

時代の潮流を捉え、発信する空間創造の総合プロデューサー

台湾発、人気No.1のかき氷「ICE MONSTER」、カフェブームの先駆けとなった「sign(サイン)」、デザイナーズホテルの先駆けである「クラスカ」など、話題のお店を数多く手掛けている。

http://www.transit-web.com

SUPPOSE DESIGN OFFICE

先進的でユニークな視点から住宅設計を手掛けるアーキテクト

広島・東京の2ヶ所に事務所を構え、独自のセンスとフレキシブルな考え方で、住宅、商業施設、ランドスケープからインテリアデザインまで、幅広く活躍。常に新しいものを探して採りいれ、さらに人とは違った発想で魅力的な設計を手掛けている。

http://www.suppose.jp

大東建託 賃貸住宅の新たな豊かさをつくる使命を担ったリーダー

COLLABORATION

MEETING 共働き世帯がリフレッシュできるような空間って?意見を出し合いました。

MEETING 共働き世帯がリフレッシュできるような空間って?意見を出し合いました。

大東建託×TRANISIT GENERAL OFFICE INC.&SUPPOSE DESIGN OFFICE

大東建託×TRANISIT GENERAL OFFICE INC.&SUPPOSE DESIGN OFFICE

忙しい『ふたり』に大事なのは、柔軟性と機能性。

大東建託 今回のテーマである「共働きカップル」が理想とする住まいとはどういったものでしょうか?

サポーズ・デザインオフィス吉田 年齢的にも仕事が忙しいでしょうし、家にいるときは2人の時間をうまく共有しながら生活できたら嬉しいですよね。

トランジットジェネラルオフィス木村 お互い働いているなら生活時間もだいたい同じだろうし、2人らしく自然体でコミュニケーションがとれる工夫が必要だと思う。

サポーズ・デザインオフィス谷尻 たしかに、2人らしく楽しく暮らせる柔軟性や機能性は、結婚や転職などでライフスタイルや気持ちの変化が多い年代だからこそ取り入れたい考え方ですね。

CONCEPT 意見を集約して、このタッグならではのプロジェクトコンセプトが決定しました。

CONCEPT 意見を集約して、このタッグならではのプロジェクトコンセプトが決定しました。

家にいるのが最大の楽しみ!!ふたりで作る秘密基地みたいな遊び場

CO-CREATION LIFE SPACE

サポーズ・デザインオフィス吉田 日中は仕事などでお互い忙しくても、帰宅後や休日は2人だけの時間を楽しめる住まいを目指しました。

トランジットジェネラルオフィス木村 限られた空間の中でも、お互いの趣味を思う存分楽しめるアイデアがつまっています。

サポーズ・デザインオフィス谷尻 こだわりが強く、自分好みの住空間を自分でつくりたい人にはぴったりの住まいです。

ページのトップへ戻る