MIRAIKEN

賃貸住宅 未来研究所とは?

「もっと」を叶える未来へ。

大東建託の創業は1974年。
その頃、住まいや賃貸住宅の未来は、
人々のなかでどんなふうに描かれていたでしょうか。
この40年のあいだに、暮らし方は大きく変化してきました。
住まいに求められる理想や役割が変わり続けるなか、
大東建託は考えています。
いま、賃貸住宅に何ができるだろう―。

賃貸住宅だからこそ、
どんどん自由に、多様化していくこれからの暮らし方に応えられる。
「もっと」ああしたい、「もっと」こうだったら…。
そんな住まいへの「もっと」が「ほんと」になる
未来をつくっていきたい。

賃貸住宅にできることを、もっと。

そんな熱い思いを胸に、私たちは
『もっとが、ほんとになる。賃貸住宅未来研究所』を設立します。
暮らす人の声に耳を傾け、
さまざまな視点から賃貸住宅の新しい価値を探求し、
発信・提案・創造していく研究所です。
新しい賃貸住宅の、そして暮らし方の「もっと」を
叶える未来が、はじまります。

Page Top