所長と所員によるブログ『今日も未来をゆく』

賃貸住宅未来研究所所長と所員が未来を求めてさまようコーナー。世の中の求める未来はSF映画にある様な「近未来」か、はたまた自然と共に生きる「共存」か・・・所長や所員が話題の場所に足を運び、感じたことを綴ります。

所員編

第41弾
ベットメイキング

2019.02.12

未来研 所員の小森です。
今年に入って東京はかなり乾燥していて、
インフルエンザがとてもやはっていますね。
そんな中、私はただの風邪をひきました。
 
もちろん体調管理も仕事の内ですが、
ごめんなさい、引いてしまいました。
 
どんどんあがる熱。
成人してから体調は崩しても、
そこまで熱が出ることはなかったので、
自分の衰弱具合に驚きました。
 
それにしても、
ひとり暮らしでの療養は大変です。
炊事、洗濯、掃除、、、ためておけるものは後回しでも、
何か食べなきゃいけないし、
何か飲まなきゃいけないし、
悪寒がする中飲料を確保し、
ふらふらしながら食べるものを温め…。
そんな時ふと、世の中のおひとり様はどーしているのかなと思いました。
実家へSOS・・・
友達へSOS・・・
ただひたすら耐え忍ぶ・・・
 
そんなわたしのような「ひとり暮らし」も多い賃貸住宅で、
体調不良時へのホスピタリティーが充実したサービスがあるとしたら、
どんな賃貸でしょうか。
 
賃貸に病院がついてる!?
賃貸に執事がついてる!?
賃貸にお母さんがついてる!?笑
 
自動車保険のロードサービスのようなお母さんサービス?!
 
 
でもみなさんは風邪や熱で辛いとき、誰かにそばにいて欲しいですか??
私は一人でなりふり構わずもだえ苦しみ、なんだかんだ気楽だったな~と思います。
 
だからゆくゆくは、「おっけー〇〇、洗濯して」って言ったら、
AIスピーカーから手足がにょきにょき生えてきて、洗濯ものを洗濯機へ運んでくれたり、
「おっけー〇〇、シーツ交換して」
って言ったら手足がゴムみたい伸びて素早くベットメイキングしてくれたらいいな…。            
 
でも、ずっと一人がよくなっちゃったらいやだな…
 

Page Top