所長と所員によるブログ『今日も未来をゆく』

賃貸住宅未来研究所所長と所員が未来を求めてさまようコーナー。世の中の求める未来はSF映画にある様な「近未来」か、はたまた自然と共に生きる「共存」か・・・所長や所員が話題の場所に足を運び、感じたことを綴ります。

所員編

第34弾
VRで変わる未来

2018.06.13

未来研 所員の小杉です。
私事ですが、この度、結婚し、これから新居にて生活することになりました。
新居生活にあたり、今年のGWは新居に入れる家具やインテリア探しばかりしてました(笑)。
 
ここで皆さんに質問です!家具やインテリア選びで重視することは何ですか?
サイズ、デザイン、機能性…色々あると思いますが、既にある家具・インテリアとの相性や、自分の目線の高さで使いやすいか、なども気になりますよね?!
高い買い物だからこそ失敗したくない家具やインテリア。ファッションで試着が当たり前なら、家具やインテリアもお試し設置してみたい!と思ったことはありませんか?
 
実際、私はソファーを買いに、部屋を採寸した上でお店に行ったものの、お店の現物を見ただけでは設置後のイメージが沸かず…なかなか決まりませんでした。
実は今、そんな「お試し設置」が可能なサービスがVR(※)技術を使って提供され始めています。
 
※VR(英語: Virtual Reality、仮想現実の略)とは、コンピューターによって作られた仮想的な世界を、あたかも現実世界のように体感できる技術。
 
このVR技術。元々、ゲームやエンターテインメント分野における活用が主でしたが、最近では今回紹介した住宅・インテリア分野をはじめ、医療・教育・観光・小売・広告等、幅広い分野でその技術が生かされ、応用されてきています。大東建託でも、2017年11月より「いい部屋ネットVR内見 plus Movie」の試験導入を開始しています。
 
今後技術がさらに進めば、日本にいながら海外での暮らしが体験できたり、移動せずに、VRの中で学校や職場のすべての人と会話や打ち合わせ等が可能になるかもしれません。
 
人生には時間やお金、能力が足りなくて体験できない「現実」が数多く存在します。
そんな体験できないであろう「現実」を疑似的に体験することをVRが叶えてくれます。
だったら、未来の人生はVirtual(=仮想)の世界だけで完結してしまうのでは?
いえ、私はそうは思いません。どんなにVRで視覚や聴覚を再現できても、人間の5感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)全てを支配できるrealな世界にはかないません!疑似的な体験によって生み出される感動があるからこそ、realな世界での感動がより大きくなる!と私は思うのです。例えば、私の個人的な欲を言うと…家でペットを飼いたい!と思ってVR上でVirtualペットと一緒に暮らすことはできても、realなペットの触覚までは体験できませんよね。VR体験後にrealにペットとの暮らしが実現すれば、その感動は大きいと思います。
 
今現在は体験したくてもできない!と諦めていることも、科学が進む未来にはrealに未知なる感動に出会えるようになる!
VRはそんな「未知なる感動」に出会うまでの橋渡し役となってくれると期待しています。

Page Top