所長と所員によるブログ『今日も未来をゆく』

賃貸住宅未来研究所所長と所員が未来を求めてさまようコーナー。世の中の求める未来はSF映画にある様な「近未来」か、はたまた自然と共に生きる「共存」か・・・所長や所員が話題の場所に足を運び、感じたことを綴ります。

所員編

第27弾
軽さは正義!?

2017.07.05

こんにちは、お久しぶりに一筆啓上仕り候です。
 
全国的に梅雨本番で、昨日もドワァと土砂降りでした。
年々“ゲリラ豪雨”が増えてきてるなぁ、温暖化の影響なんだろうなぁ・・・、
暑さに弱い小生は、どこぞの高原にでも引っ越さないといけないのかなぁ・・・。
いやいや、逃げの姿勢はダメょダメダメ、ゴミの削減、省エネ、早寝早起き・・・
積極的に前向きにできることから、環境への配慮をしなくては!
 
さて、話変わって、小生、趣味は山登りで、高原に住みたい理由はそこにもあるわけで、
いつもテントなどを担いでエっさエっさ山行しております。
しかしながら、根がヘタレ故に荷物は1グラムでも軽くしたいので、
着替えや食料も最小限にしています(帰路は臭い!?)。
そう!登山では「軽さは正義!」なんです!ヘタレにとっては!!
 
そんなヘタレが畏敬の念を持って接するが、この時期に頑張っているカタツムリです。
小生が担ぐのはたかだかテントぐらいですが、カタツムリくんは自分の家を背負って、
なんと垂直の壁も登っていくのですね。
ビレイもせず・・・すごっっ過ぎ!!
 
でも待てよ、家を背負ってないのもいるよなぁ・・・
そう!ナメクジくんは家を持っていないよな?
身軽だよな!
カタツムリの進化形がナメクジだっていうし・・・
やっぱり「軽さは正義」なんじゃない?!
 
住宅だって、地震には屋根などの重量を抑えて軽量化が効く!
でも、台風やハリケーンには重量が効く!
相反する性能要求に応えるには???
日頃は軽く、いざというときにはぐっと重くなる「子泣き爺」的な住宅!?
 
膜構造、チタン、炭素繊維、プラスチックなどなど、軽量建材がもっと使われて・・・。
カーボンモノコックで地震に強いF1住宅新登場!?
 
いやいや、自然素材の軽量建材だって台頭してくるはず・・・。
木材や竹、紙(段ボールハウス!ハニカム構造の折り紙建築!!)
 

家を持ち歩く未来!?

家を持ち歩く未来!?


 
きっと未来では、住宅は土地の呪縛から解放されて、
今日は職場の近くに、明日は海岸のそばに、休日は富士山山頂でご来光に合掌・・・なんて、
環境に優しく、電車でも簡単に移動できちゃうのかも。
もちろん、必要なモノはアマゾンからドローンで即配!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
山行を共にする自称美食家の妻曰く、
「道具や食料減らす前に、自分の体重を減らすこと!  
体重減った分は食材にまわすわョ!!」
山頂まで石窯ピザとキャンティ・クラシコを運んでくれるドローン、プリーズ!!!!!
 

Page Top