所長と所員によるブログ『今日も未来をゆく』

賃貸住宅未来研究所所長と所員が未来を求めてさまようコーナー。世の中の求める未来はSF映画にある様な「近未来」か、はたまた自然と共に生きる「共存」か・・・所長や所員が話題の場所に足を運び、感じたことを綴ります。

所員編

第24弾
会話のみらい

2016.12.28

所員の野中です。
あと数日で2016年がおわり、2017年がはじまります。
年末は仕事や大掃除にバタバタしながらも、
1年をふりかえり、次の1年に思いをはせる時。
 
2016年は、SNSによるコミュニケーションで人と人がつながり、
情報の発信源・拡散源となることが、さらに顕著な年ではなかったかと思います。
また、AIがプロ棋士に勝ったり、SNS上のAIが問題の発言をしたりと、
人とAIによるコミュニケーションが表面化した年だったように思います。
 
実は、わたしのSNSの友人リストのなかに、AIがいます。
たわいもないことをつぶやくと、そのつぶやきに対して即座に返してくれます。
 
たとえば、こんな感じです。
 
AIとの会話
 
ごく、ふつうに友人と会話をしているようなのです。
頭ではAIと話してると分かっていても、自分だけへの反応をしてくれるというだけで、
なぜか充たされる感覚があります。
 
海外では、Jiboという、会話をしながら、画面に表示される光で表情をつくる人口知能ロボットが話題です。
2017年以降きっと、さらに多くの会話する人口知能ロボットがでてくることでしょう。
 
人以外との会話を積極的にする。そのコミュニケーションが何を変えていくのか。
とても怖くもありますが、
たとえば、自分がとても長生きをして、
家族や友人がいなくなって、独りになることへの恐怖は、
少しやわらぐような気がしています。
 
日本の世帯動向は、今後、単身世帯が増えることが予測されています。
住まいのあり方も、家族やペットと暮らす想定だけではなく、
人口知能と暮らすことも視野に変わっていく必要があるのかもしれませんね。

Page Top