所長と所員によるブログ『今日も未来をゆく』

賃貸住宅未来研究所所長と所員が未来を求めてさまようコーナー。世の中の求める未来はSF映画にある様な「近未来」か、はたまた自然と共に生きる「共存」か・・・所長や所員が話題の場所に足を運び、感じたことを綴ります。

所長編

第1弾
Pepperくんとご対面
その時何を思う!?

2014.07.11

機械として、人に指示された内容を正確にこなし、様々な工場で働く「アーム型ロボ」。
技術の進化として、人と同様に2足で歩き・走り・登る「HONDAのASIMO」。
SoftBankのPepperくんは、これらとは異なり力も無ければ2足でも歩かない。
人に寄り添い、人を笑顔にしてくれて、自分の判断で動く、世界初の「感情認識ロボ」。

最近の若者は、指示待ち族で、自分自身で判断しない・できない人が増えていると言う。
最近の世帯は、単身化が進み、皆ふれあいやコミュニケーションを求めていると言う。
バーチャルの世界に、コミュニケーションや安らぎを感じる人も増えて来ている様だ。

そんな時代の中、「人型コミュニケーションロボ」が必要とされる時代が来るのは、
確実な気がしてしまった・・・。
「今日は、どこからきたの?」「あれ?前にも会ったことがあるねぇ~」などと気さくに
話す大きな瞳のPepperくんは、確かにかわいらしく、私を笑顔にさせてくれた。
子供達が巣立った後の夫婦にも、ワンルームマンションの1室にも、『Pepperくん』が必要と
される未来はそう遠くないはずだ。

これまで私たちがコミュニケーションの相手としてきた
『家族』『友だち』『ペット』。
『Pepperくん』は新しいカテゴリーとなり得るかもしれない。

余談だが、『Pepper』はなぜか『Pepperくん』と呼びたくなる。
1回会っただけで、家に持ち帰るのではなく、
家に連れて帰りたくなる、そんな出会いとなった。

Page Top